外壁塗装工事のイロハ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1、つやが無く(悪く)なる。
2、色が変色する。汚れ、カビ、微生物の発生。
3、表面に粉が吹いたような状態になる。(チョーキング現象)
4、外壁の表面にひび割れ(クラック)ができる。
5、塗装が剥がれ落ちる。

建物(財産)を長持ちさせるためには、また建て替え(リフォーム)などの
大規模な修繕工事で多額の費用をださないためにも、ある程度外壁の劣化が進んだら住宅の外壁を塗り替えることが必要となります。

塗料の種類(グレード)による外壁塗装の目安
 ・合成樹脂調合塗料 ・・・ 3~5年
 ・アクリル樹脂塗料 ・・・ 5~6年
 ・ウレタン樹脂塗料 ・・・ 8~10年
 ・シリコン樹脂塗料 ・・・ 12~13年
 ・フッ素樹脂塗料  ・・・ 15~20年

*日光や下地の状況などあらゆる外的要因により変動する可能性があります。 

塗装は外観の美しさのためだけにあるのではありません。
塗り替えを行なうことの必要性の一番の目的は建物を守るということです。
塗料には、外壁や屋根といった外装材を紫外線や風化などからくる劣化の進行を遅らせたり、カビ、藻、汚れなどを防ぐ
防藻・防汚効果、単に塗膜表面が防水するだけでなく、塗料によってはモルタル壁の小さなひび割れに追従し、雨水などの浸入を防いだりする重要な役割があるのです。
今の建物が、塗装が剥げて見た目が悪いから塗り替えを行なうことも理由のひとつですが、
本来は痛んだ屋根・外壁を塗り替えをしてあげることで、家を守るための塗装膜を作ってあげることこそ一番の目的なのです。
築年数が経ってくると、外壁塗膜による壁表面の保護、防水効果が下がってしまい、どんどん外壁のバリア効果が衰えていきます。
新築でお家を建てられた方もその時期(約7年~10年)が初回外壁塗装の理想的なタイミングになります。様々症状が出る前の早目の外壁塗装工事を心がけましょう。

スポンサーサイト

SEO対策:塗装 SEO対策:外壁
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。