外壁塗装工事のイロハ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1、つやが無く(悪く)なる。
2、色が変色する。汚れ、カビ、微生物の発生。
3、表面に粉が吹いたような状態になる。(チョーキング現象)
4、外壁の表面にひび割れ(クラック)ができる。
5、塗装が剥がれ落ちる。

建物(財産)を長持ちさせるためには、また建て替え(リフォーム)などの
大規模な修繕工事で多額の費用をださないためにも、ある程度外壁の劣化が進んだら住宅の外壁を塗り替えることが必要となります。

塗料の種類(グレード)による外壁塗装の目安
 ・合成樹脂調合塗料 ・・・ 3~5年
 ・アクリル樹脂塗料 ・・・ 5~6年
 ・ウレタン樹脂塗料 ・・・ 8~10年
 ・シリコン樹脂塗料 ・・・ 12~13年
 ・フッ素樹脂塗料  ・・・ 15~20年

*日光や下地の状況などあらゆる外的要因により変動する可能性があります。 

塗装は外観の美しさのためだけにあるのではありません。
塗り替えを行なうことの必要性の一番の目的は建物を守るということです。
塗料には、外壁や屋根といった外装材を紫外線や風化などからくる劣化の進行を遅らせたり、カビ、藻、汚れなどを防ぐ
防藻・防汚効果、単に塗膜表面が防水するだけでなく、塗料によってはモルタル壁の小さなひび割れに追従し、雨水などの浸入を防いだりする重要な役割があるのです。
今の建物が、塗装が剥げて見た目が悪いから塗り替えを行なうことも理由のひとつですが、
本来は痛んだ屋根・外壁を塗り替えをしてあげることで、家を守るための塗装膜を作ってあげることこそ一番の目的なのです。
築年数が経ってくると、外壁塗膜による壁表面の保護、防水効果が下がってしまい、どんどん外壁のバリア効果が衰えていきます。
新築でお家を建てられた方もその時期(約7年~10年)が初回外壁塗装の理想的なタイミングになります。様々症状が出る前の早目の外壁塗装工事を心がけましょう。

スポンサーサイト

まずなぜ外壁塗装をするかを考えていただきたい。
主な塗装の役割
1、被塗物を保護し耐用年数を延ばす
2、意匠性を付与する
3、特殊機能を付与する
4、コストバランスをとる

1、は金属の腐食防止、セメント系素材の中性化防止などが代表である。
2、は塗料の色の豊富さ、さらに艶などの質感のコントロールが容易であるといった特性によるものである。
3、は防カビ・防火などの一般的なものからクリーンルームなどの帯電防止機能、さらにはMRSA機能をもたせたものもある。
4、は外壁塗装による安価な健在などを天然素材のもつ質感に近づけコストダウンを図れる。外壁塗装仕様を決定する際には、
こうした要素などを十分に検討し、塗装仕上げの採用の可否なども十分に検討するべきだろう。

昨今の塗料生産量は日本国内で180万トンです。塗装製造現場のグローバル化により外壁塗装はもとより、
家電、自動車など色々な場面で多くの塗料が消費されています。
塗装業界は3千億円産業といわれていますが、塗装行為は広範囲の定義(工程の一部)としてとらえられていて
塗装単独で事業を展開しているのは、ほぼ皆無に等しいです。もちろん塗料屋さんはいっぱいありますが‥
外壁塗装も「住宅リフォーム」工事の一環です。今後は「塗装加工」を独立した分野として認知されればと思います。

外壁塗装の工事において、結果(提供するもの)は塗膜(塗料の安定した形)となります。
塗膜において重要なことは、変形に耐える力です。もし塗膜が完璧な「変形に耐える力」をもっていれば1度外壁塗装をすれば、もう外壁を塗りなおす必要はありません。
しかし完璧な塗膜は今の所開発されていません。なので塗膜には高耐久性を期待します。
外壁塗装をする大きな要因にひび(クラック)があります。高い「変形に耐える力」があれば、ひび(クラック)の発生・外壁の色あせなども防ぐ事が可能となります。
もうお分かりのように外壁塗装をするうえでの最重要ポイントは、長く「変形に耐える力」を持った塗膜を作るということになります。

いきなり物騒な話ですが、外壁塗装工事についての手抜きポイントについて説明いたします。これは「手抜き工事」「不良工事」を防ぐという意味では大事なことですのでぜひ参考にしてください
まず手抜き外壁塗装といわれる根本的な原因は2種類存在しましす。まず1つ目は「知識不足が原因」もう1つは「材料、工数カットによる悪質なもの」です。1つめの知識不足で起こるという不具合に関しては、徹底的に「話す」ことが必要だと思います。外壁塗装工事は安い買い物ではないので納得するまで話すことが大切です。そうすることにより自分に知識がなくても相手の言動で多少のことが分かると思います。
もう1つの「材料、工数カットによる悪質なもの」についても話すことは大切ですが、ポイントとしては外壁塗装業者としての歴を見ることです。もちろん初めて間もない業者でも良い仕事する業者はたくさん居ると思いますが、10年以上の実績があればかなりのリスクは防げるのではないかと思います。

SEO対策:塗装 SEO対策:外壁
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。